Hatena::Groupetv

NHK教育で行こう!

2008-03-30

[]ニャンちゅうは日曜5時~ 11:07

日曜になり、1週間後の番組表が見られるようになったので、ニャンちゅう確定情報

ニャンちゅうワールド放送局」は日曜17:00~17:30の30分放送。35分間ではなかったですね。

これからもニャンちゅう、頑張ってくれるようです。

トラックバック - http://etv.g.hatena.ne.jp/azumy/20080330

2007-07-14

[]のちのちペットの謎 09:46

今朝、歯磨き中にテレビの音が聞こえ、「あ、マッシュバケルノの)がしゃべってる」と思ってテレビを見たら、キッコロでした。そういえばどっちも渡辺菜生子さんだった。そもそも土曜の朝にやってるのはバケルノじゃなくてがんこちゃんだよ。

でも、フルハウスステファニー大谷育江さん)がしゃべってるのはピカチュウには聞こえません。「みてハッスルきいてハッスル」のにゃるま様はたまにシャアに聞こえる‥‥のだろうか。

長いマクラおわり。

今日ニャンちゅうで「のちのちペット」の謎が解ける。原語で"Naughty Naughty Pet"なのであった。naughtyはいたずら者な、とか行儀の悪い、という意味

洋画タイトルを、原文をカナ読み下し文でそのままつけたみたいな感じ。誰だこの感性は。

トラックバック - http://etv.g.hatena.ne.jp/azumy/20070714

2007-05-26

[]しぶい子どもの歌シリーズ 23:47

毎週見ちゃうニャンちゅう、中のコーナーで最近ハマってるのが、不思議な歌のコーナー。

番組公式ページによると「ティキティクリップ(チリ子どもの歌)」であるらしい。

これがまた、チリという風土のせいなのか、子どもの歌にしては哀愁漂う不思議メロディーなのだ。チリでは子ども向きの歌というとあんな感じなのだろうか。それとも、日本子ども演歌を歌わせるような感じなのだろうか。

でもって、1曲ずつ、1つの物語を成している。その物語がまた、なんともいえぬオチのないわび・さびの香りのする話なのだった。

例えば、今日の曲は、こんな話。

ある可愛いお嬢さんがいた。彼女は泣いていた。ずっと飼ってかわいがっていたカエルが逃げてしまったからだ。そのカエルは毎晩彼女のもとでクロクロと歌っていた。

すると、そこへ一人の男が通りがかり、彼女にどうして泣いているのかと尋ねた。彼女カエルが逃げた話をした。それを聞いた男は「これからは私がカエルのかわりに一番じゅうあなたのもとで歌いましょう」と言い、カエルの真似をしてクロクロと歌った。

そして、彼と彼女は2人で幸せになった。

えー。子どもむきの歌なのかこれが。なんかシュールだ。映像では、男がカエルの真似をするところでは、格好もカエルの真似をするのだ。両手をついてしゃがむような格好をしてはねる。

まあでも、そんなシュールさになぜか惹かれるのである。


余談だが、今日は「のちのちペット」を放送しなかった。ネタ切れか。あるいは評判がよくなかったのか。

大好きな「だいすき! マウス」も放送したりしなかったりするので、たまたま今週は放送しない回だけだったんだろうけど。

ponkonoaponkonoa2007/08/10 15:11ティキティクリップを検索してたどり着きました.
チリの子供の歌はシュールですよね.
気になっています.

トラックバック - http://etv.g.hatena.ne.jp/azumy/20070526

2007-05-05

[]このツボは理解できない 10:56

今年度から土曜朝に移動して30分番組になった「ニャンちゅうワールド放送局」なんだが、この中で今年度から放送が始まったアニメ「やんちゃはヤメて! のちのちペット」。

これのツボが、どうもなんとも、わからない。

カナダ制作カートゥーン番組らしいのだが、まず翻訳タイトルの「のちのちペット」が意味不明。原語ではどういうタイトルだったんだろう。

話の内容は、まあタイトルどおり。主人公女の子がいて、その子が飼っているペットが毎回おいたをする、というものだ。ペットは毎回変わる。

この絵柄がまたすごい。女の子ペット動物も、ものすごいギザギザの歯が肉食動物のごとく並んだでかい口をしている。まあ犬やら猫やらはもともと肉食なんでこれでもまだいいかと思うが、女の子もそんな肉食獣の歯なんですって。かわいさのかけらもありません。

ペットのおいたのノリも、まあカートゥーン的というのか。どうも面白さがよくわからない、というより面白くない。笑えない。

なんでこんな番組を引っ張ってきたのかなあ。去年の素材はすごくよかったのになあ。プロデューサーが変わったのか。

ピングーもザ・ピングーショーになって、従来のピングーの良さがなくなってしまった。こちらは元の制作側でネタ切れになったのかな。http://www.nhk.or.jp/kids/program/nyanchu.html:title:こちらのニャンちゅう公式紹介ページ]では、ザ・ピングーショーはイギリス制作となっている。旧ピングースイス制作であった。版権を別会社が獲得して作るようになったのかな。従来のピングーが好きだったのに、残念

そういえば、こちらでは、「のちのちペット」の制作アメリカになっている。番組内の表示ではCBCになっているので、カナダが正解だと思う。

なごふくなごふく2007/05/08 11:55はじめまして。のちのちペットのタイトルについて調べていてたどり着きました。オリジナルタイトルはnaughty naughty petのようです。意味より音をとったのでしょうか。

トラックバック - http://etv.g.hatena.ne.jp/azumy/20070505