Hatena::Groupetv

NHK教育で行こう!

2008-07-02

[]ああ、そうだ、あれだ 07:55

「なぜ? どうして? がおがおぶーっ!」は、ちょっとあれに似てるんだな。あれだ、「むしまるQ」。

5分枠に2つのメイン内容(動物に関する三択クイズ)と、歌が1曲入ってる構成がそれっぽい。

ただし、雰囲気が似てるってわけではない。むしまるはアニメも歌も独特のものがあったからなー。それに比べると、こちらはずーっとオーソドックス。

トラックバック - http://etv.g.hatena.ne.jp/azumy/20080702

2008-06-30

[]新作「なぜ? どうして? がおがおぶーっ!」 08:25

名作「やさいのようせい」の後番組として、同じ枠で放送が今日から始まった「なぜ? どうして? がおがおぶーっ!」。

エラー|NHKオンライン

こちらがNHKオンラインでの公式サイトだが、これだけを見ても、どういう番組??とピンとこなかった。

が、今日の放送を見て納得。動物をテーマとした教育系アニメだったんですね。原作の絵本自体が、そういういろいろな動物の「なぜ?」をテーマにしたもののようです。原作のリラ・プラップさんの公式サイトはこちら。→家賃について解説

これはまたファンタジックな「やさいのようせい」とはがらりとかわって、図鑑好きの理系幼児に人気がありそう。「だいすき! マウス」が好きだった人は興味が出るかも、だけど、対象年齢は「だいすき! マウス」よりかなり低めですね。小学校低学年までかな。この平面的・幾何学的な動物の絵はこれはこれで惹かれるものがあります。個人的な感想がけど、ちょっとアフリカっぽい絵柄かも。


ところで、アニメの声優として何人かの子ども(室井滋が声を演じるリラさんの質問に答える)が出演していますが、このラインナップが、どこかで見たような名前。たしか「にほんごであそぼ」とか「からだであそぼ」で見ましたよー。「うっかりペネロペ」のあかりちゃんもそうだったけど、こういう声優さんは新しく選ぶよりすでにNHK教育で仕事してる子のほうが仕事してもらいやすいとか、なにか理由があるんでしょうかね。

トラックバック - http://etv.g.hatena.ne.jp/azumy/20080630

2008-03-09

[]アニメ放送枠から予測される番組表 00:00

プチプチアニメ、ミニアニメを含むアニメ放送表も発表。

エラー|NHKオンライン

とりあえず、月~金の7:40~7:45と5:10~5:15にミニアニメ枠があり、当初は「やさいのようせい」が放送されるようす。やったねっ。

この、朝7:00~9:00の時間帯の放送についてはまだ不詳な点が多く、どの番組がいつ放送されるかまとまった放送表が出ていないようですが、これまでに分かった(かもしれない、不確定情報もあり)ものからまとめてみると。


7:00~7:15   シャキーン!

7:25~7:30   クインテットプチ

7:40~7:45   ミニアニメ

(8:15~8:30   いないいないばぁっ!)

8:30~8:35   プチプチアニメ

(8:35~9:00   おかあさんといっしょ)


カッコ内は、おそらく不動と思われる番組。9時以降は学校放送になるので、プチプチアニメ確定の時点で「おかあさんといっしょ」30分化はないことになった。

してみると、情報が出ていない枠は、7:15~25、7:30~40、7:45~8:15ということになった。

アニメワールド記載アニメはこれらの枠に入らないことが確定。これらの枠に入りそうな番組は、現在放送中のものからとりあげるなら(新番組なら既に情宣に出ているはずなので)、「テレビ絵本」「ぜんまいざむらい」「ピタゴラスイッチミニ」「にほんごであそぼ」「えいごであそぼ」「からだであそぼ」といったところ。

「シャキーン!」が入ったために「からだであそぼ」あたりがなくなるんじゃないか、という説もあったが、この構成を見ると必ずしも「からだであそぼ」が消える必要もないというか、意外と時間がある、という印象。パズル的にあてはめるなら、全てこの残り枠にはめることは可能である。現状で「テレビ絵本」が10分(2本分)枠があるのだが、これを1本分(5分)にするとぴったりはまる。

そんなわけで、消える番組はない説に傾いている今日このごろである。

KENKEN2008/03/15 12:53教員ですが私も同様に思い、一部紹介させてもらいました。
http://chidigi.livedoor.biz/archives/51339995.html

URAURA2008/03/20 19:40ぜんまいざむらいは どうなるのかしら・・・・

azumyazumy2008/03/21 08:20>KENさん
コメントをありがとうございます。お返事が遅くなり、申し訳ありません。
記事を拝見いたしました。やはり現場の方でも、今回の改変については寂しく思っている方がいらっしゃるんですね。私自身は完全に趣味の範囲ですが、実際に教育現場で利用されている方からすると、いろいろと使いづらかったり、よい番組がなくなったりと、困ることもあるのでしょうか。
貴重なご意見をありがとうございました。

azumyazumy2008/03/21 08:21>URAさん
コメントをありがとうございます。
今日の記事に書きましたが、ぜんまいざむらいは継続のようですね。よかったよかった。

トラックバック - http://etv.g.hatena.ne.jp/azumy/20080309

2008-02-04

[]プチプチアニメ 白い本 08:38

自分は今日初めて見たんだが、しばらく前から放送してたみたいです。なかなか面白いなー。今日の放送は「車輪の歴史」だったんだけど、これは第2話らしい。

ペーパークラフトでアニメを作っている。工作系と図鑑系の両方の楽しみがある。男の子が好きそうだなー。

第1話は動物の話だったのかな。さらっとブログ検索してみるとそんな感じの記事がありました。

第1話も見たいな。そのうち再放送するだろうからチェックしておこう。

トラックバック - http://etv.g.hatena.ne.jp/azumy/20080204

2007-10-11

[]スイスイフィジー14:54

先週から、朝の「あつまれ!わんパーク」の10分アニメ枠(7:15~7:25)の木・金曜に、「スイスイフィジー!」という新作アニメが放送されている。

メイシーちゃんなどで知られているルーシーカズン原作絵本をもとにしたものだ。公式サイトおよびNHKオンラインのページは、こちら。

no title公式サイト

エラー|NHKオンラインNHKオンライン)

有名作家原作で、おそらく鳴り物入りで作られたのだろうが……どうもいまひとつ、のれない。

アニメ自体が良くないわけではない。なんというか、面白みに欠けるのだ。その理由ははっきりしている。登場するのが魚ばかりで、しかもカズンズの絵を生かすため、わざと平板に描かれている。カズンズの絵の特徴は、太い輪郭線や、わざと二次元的、平坦に表現した絵だ。フィジーの絵ではあまりはっきりしないかもしれないが、メイシーちゃんの絵をみるとこのあたり、かなり分かる。

動物人間ならば、まだいろいろと動かすところがあるのだが、魚だとせいぜい泳がす程度で、しかも平板さを生かすために、アニメでもわざとヒレの動きなどはほとんどつけていない。

つまり、このアニメ、見ているとペープサート、幼稚園保育園などでよく行うような、平べったい紙製の人形で行う紙人形劇に似ているのだ。

どうも、見ていてもアニメを見ている気がしない。というよりも、これをアニメにする意義ってなんだったんだろ? と思ってしまう。動きをつける良さ、かわいさが表現されていない感じ。

同じように平坦な絵を使うブルーナミッフィーアニメ三次元でなく古い二次元のほう。最近は「ニャンちゅうワールド放送局」の中でときどき放送される)は、十分アニメらしかった。やはり手足があるので、動きをつけるだけで随分と動いてる感が強くなるためだろうか。

そんなわけで、ちょっと「スイスイフィジー!」はあまり自分としては好きではないのだった。悪いアニメではないけど、わざわざ見たい思うほどの魅力はないな、という感じ。

トラックバック - http://etv.g.hatena.ne.jp/azumy/20071011