Hatena::Groupetv

NHK教育で行こう!

2009-08-22

[]7・8月の歌「ぼくらのうた」 09:07

もうすぐ放送も終わりそうですが、書き忘れていた「ぼくらのうた」。

初めて聞いたときは、正直言ってびっくりしました。元プリンセスプリンセスの岸谷(旧姓奥居)香さん作詞作曲。我々世代にとっては印象の強い、良くも悪くも(別に悪くはないが好き嫌いはあるって意味で)耳馴染みのあるプリプリでありますが、そういう人が「おかいつ」向けにどんな曲を提供したかと思ったら……

もうそのまんま、プリプリ以外の何者でもありませんでした。

3歳児向けの番組で、この曲ですか! テンポもメロディーもまさにあの時代のJ-POP。というより、これそのまま、一般向けのJ-POPにしても全然おかしくないです。歌詞はやや子ども向けにはなってるけど、でも、まあ幼児向けじゃない。どっちかというと、小学生向けという感じ。学校の音楽の授業の副教材あたりに載ってるとピッタリきそう。

お母さん向けにはともかく、小さい子どもはついていけないんじゃないの、いや確かに耳には心地よい明るい曲なんだけど……と。まあそれが第一印象だったのです。

しかし、2ヶ月聞いてきてみると、けっこう驚き。かなり印象が変わってきました。うちの5歳娘あたりは、歌詞をすっかり覚えて、テレビで曲がかかるとノリノリで歌って踊ってます。いまどきの子は、アニメのOPEDなどでもテンポが早く複雑なメロディーをよく聞いてるもんだから、けっこうすんなりと受け入れてしまうんですね。さすがにそれでも3歳児がノリノリになるのは難しいだろうけど、聞く分には、実はこういう曲も小さい子にとって面白みがないってことはないんだろうな、と認識を改めたのでした。

少なくとも「地球ネコ」よりはずっと親しみやすいだろうw


もう1つ、ずっと聞いてきて思ったのは、たくみお姉さん、このタイプの曲は得意ジャンルだな、ってことでした。

もともとかわいい声なので合う、ということもあるのだけど、この曲の関しては発声が素直で、きても聞きやすいし、曲の起伏のつけ方、表現の仕方もぴったり。サビの途中「うたごえは」と入るところで、すっとpになるあたりの声、めちゃくちゃ優しくて好きだなぁ。ここ、特級の良さがあります。

この歌はたくみ姉ならではの持ち歌になるだろうな、と思いました。完全クラシックタイプの発声では、曲の雰囲気が出ないような気がします。試しに、しょうこ姉がこれを歌ってるところを想像してみましたが、やっぱりなんか違うなぁ、いや全然違うなぁ。


カラオケネタに入れたい1曲。

トラックバック - http://etv.g.hatena.ne.jp/azumy/20090822

2009-07-21

[]夏特集ですな 09:04

いつのまにか夏特集番組が始まってました。先週からだけど。

先週は、コンサート放送3日間+モノランモノラン特集。

今週は、50周年特集で、ゲストを呼びながら、昔のおかあさんといっしょビデオ(時代的にはフィルムか)を鑑賞する、という内容。

実は昨日は見ていません。お盆再放送があるようなので、まあいいか。

今日体操のお兄さん特集の回で、ゲスト弘道お兄さん

よしお兄さんと一緒に並んでぱわわっぷしているのを見ると、弘道さんがよし兄に比べてぐんと小柄なのが分かって驚き。がっちり型なので大柄な印象があるけど、いや、よし兄が意外と大柄なのか。ゆうぞうしょうこと並んでいた時は小柄な印象は全くなかったからなあ。

そういえば、器械体操の人って、あまり大柄な人いないなあ。

トラックバック - http://etv.g.hatena.ne.jp/azumy/20090721

2009-06-10

[]6月の歌「ほっとけーきはすてき」 12:24

そういえば、ずっと書くのを忘れていた、今月の月歌。

「ほっとけーきはすてき」。

好きだなぁー、この雰囲気。ほわぁんと力抜けた子ども声、たくみお姉さんのいいところが出てる。りょうこ姉の「あめふりりんちゃん」や「ハオハオ」の雰囲気だけど、またちょっと違う。どこのへんが違うかというと、曲の途中での、子どもセリフになるところで、いい感じにすねた感じが出ているところ。ただほわぁんとしてるのではなく、「あぁ~もうやんなっちゃう、こどもだってこういうときあるんだよぉ」っていう「やんなっちゃう」がよく出てる。

こういうの得意なんだ、意外だけど好感度アップ!って思いました。

たくみ姉、すねる表現が得意なのかもね。


曲自体も秀逸。ちょっとけだるいブルージーな。

「ほっとけーきはすてき」のフレーズは初めて聞いたときから耳にループして離れませんでした。ホットケーキというおやつイメージをよく表しています。ショートケーキのような華やかさはないし、甘みも少なめでシロップかけないとちょっと物足りないけど、作り方も簡単で、庶民的で素朴な、そしてつくりたての温かさをしみじみ感じるような。だよねー、なにかちょっと嫌なことがあっても、焼きたてのホットケーキバターのせてメープルシロップかけて食べると、なんだかふかっとして、気持ちがやわらぐよね。こういうのは甘みが薄くて刺激があまりないのがいい。

っていうのを、いきなり聞きながら自分自身でどっぷりしみじみ感じてしまって、感情移入しちゃったんだな。この曲は。

また「ホットケーキ」でなくて「ほっとけーき」なのも、とってもいい。「ほっと(する)」とちょっとかけてるような。おかいつ世代のお母さんたちだと定番絵本しろくまちゃんのほっとけーき」をふっと思い出すかも。ひらがなのふんわり感がとても合ってます。

アニメも好き。「あそびだいすき!」で靴下の履き方やシャツのたたみ方を教えるコーナーでアニメやっていた方ですよね。あのときから絵柄が好きでした。


個人的には、ひさびさにど真ん中ヒットな月歌です。

曲、歌、アニメ3拍子揃ったコンボにがっつりやられました。

gegegege2009/06/23 16:40私もこの歌大好きです。
「たくみお姉さん」でないと歌えない歌だなぁ思いました。「りんちゃん」はやっぱり「りょうこお姉さん」がぴったりだし・・。
こういった歌がどんどん増えてくるんでしょうね。

azumyazumy2009/06/24 08:11>gegeさん
コメントをありがとうございます。
今月の歌は、その時の歌い手にあわせて作ったのかな、と思われる曲が出てくるときがやはり楽しみですね。この曲は、他の人が歌ったとき、「やっぱりたくみお姉さんがい一番合ってるね」と言われる歌になりそうな気がします。

トラックバック - http://etv.g.hatena.ne.jp/azumy/20090610

2009-05-12

[]ナース姿 13:49

今日のオープニングでは、たくみ姉が看護師制服姿を披露。

クリップの中ではお兄さんもお姉さんもいろいろな格好(職業をあらわす服もあり、ネタもありw)をしているけれど、スタジオでこういう姿を披露するのはなんだかまた趣向が違って、新鮮だなぁ。

トラックバック - http://etv.g.hatena.ne.jp/azumy/20090512

2009-05-06

[]春の渋谷コンサート放送 09:34

今日は春のNHKホールでのコンサートの放送。これ書いてる現在、放送中。

舞台で動くモノラン、なかなかいいなー。ぐ~チョコのもふもふ系はかわいかったのだが、動きとなると、脚が短い造型のぶん、どうしても動きの制限があったからねぇ。モノランは手足がフリーで動きやすい形なので、やはり舞台上でよく動くときは動きが自然

コンサートのもう1つの見どころがよし・まゆのダンス。これはいつも見とれちゃう。弘道兄のときは体操はあってもダンスはなかったというか、基本、キヨコ姉単独だった記憶。よし兄も体操出身の人なんだけど、ダンス上手いよなー。動きが1つ1つくっきりしていて、見ていて気持ちがいい。身体表現に優れた人だな、という印象を強くする。

トラックバック - http://etv.g.hatena.ne.jp/azumy/20090506