Hatena::Groupetv

NHK教育で行こう!

2009-08-22

[]7・8月の歌「ぼくらのうた」 09:07

もうすぐ放送も終わりそうですが、書き忘れていた「ぼくらのうた」。

初めて聞いたときは、正直言ってびっくりしました。元プリンセスプリンセスの岸谷(旧姓奥居)香さん作詞作曲。我々世代にとっては印象の強い、良くも悪くも(別に悪くはないが好き嫌いはあるって意味で)耳馴染みのあるプリプリでありますが、そういう人が「おかいつ」向けにどんな曲を提供したかと思ったら……

もうそのまんま、プリプリ以外の何者でもありませんでした。

3歳児向けの番組で、この曲ですか! テンポもメロディーもまさにあの時代のJ-POP。というより、これそのまま、一般向けのJ-POPにしても全然おかしくないです。歌詞はやや子ども向けにはなってるけど、でも、まあ幼児向けじゃない。どっちかというと、小学生向けという感じ。学校の音楽の授業の副教材あたりに載ってるとピッタリきそう。

お母さん向けにはともかく、小さい子どもはついていけないんじゃないの、いや確かに耳には心地よい明るい曲なんだけど……と。まあそれが第一印象だったのです。

しかし、2ヶ月聞いてきてみると、けっこう驚き。かなり印象が変わってきました。うちの5歳娘あたりは、歌詞をすっかり覚えて、テレビで曲がかかるとノリノリで歌って踊ってます。いまどきの子は、アニメのOPEDなどでもテンポが早く複雑なメロディーをよく聞いてるもんだから、けっこうすんなりと受け入れてしまうんですね。さすがにそれでも3歳児がノリノリになるのは難しいだろうけど、聞く分には、実はこういう曲も小さい子にとって面白みがないってことはないんだろうな、と認識を改めたのでした。

少なくとも「地球ネコ」よりはずっと親しみやすいだろうw


もう1つ、ずっと聞いてきて思ったのは、たくみお姉さん、このタイプの曲は得意ジャンルだな、ってことでした。

もともとかわいい声なので合う、ということもあるのだけど、この曲の関しては発声が素直で、きても聞きやすいし、曲の起伏のつけ方、表現の仕方もぴったり。サビの途中「うたごえは」と入るところで、すっとpになるあたりの声、めちゃくちゃ優しくて好きだなぁ。ここ、特級の良さがあります。

この歌はたくみ姉ならではの持ち歌になるだろうな、と思いました。完全クラシックタイプの発声では、曲の雰囲気が出ないような気がします。試しに、しょうこ姉がこれを歌ってるところを想像してみましたが、やっぱりなんか違うなぁ、いや全然違うなぁ。


カラオケネタに入れたい1曲。

トラックバック - http://etv.g.hatena.ne.jp/azumy/20090822