Hatena::Groupetv

NHK教育で行こう!

2008-03-31

[]ことちゃん、ピアノっ子 08:32

なんだろうねぇ。

前にマリンバで合奏していたときにも思ったけど、何か楽器を習ってるだろうとは思ったんですよね。そんなに必死に練習しないであのくらい演奏できるというのは、学校のピアニカ程度ではできないだろうと。

今日おもちゃのミニピアノを弾いているのを見て確信しました。ことちゃん、きっとピアノ習ってますねー。弾いてる時の指の形がきれいなピアノ弾きのそれだったように見えました。

[]新お兄さんお姉さん初日 11:20

今日から、おかあさんといっしょの歌のお兄さんが横山だいすけさん、お姉さんが三谷たくみさんになる。

先代ゆうぞうお兄さん・しょうこお姉さんの初回は、もうなんとも不安を醸し出す状況で始まったので(すみません、でもそんな兄姉があんなに立派になって卒業を惜しまれる人々となったことは最早言うまでもないわけでして)、今回もかなり覚悟は決めておりました。

が、始まってみると、むしろ拍子抜けなくらい。

たくみお姉さんは、しゃべりはやはり舌足らずというか、全体にテンポがゆっくりめではっきりせず、まあこれはテレビ司会初登場としては仕方がないかなとも思いますが。しかし、歌は予想以上によかったです。さすが音大生、音量と音程が安定しています。まだ在学中でもあるし、これからさらに磨かれることを思うと、とても楽しみです。オーソドックスなタイプの歌姉になりそう。一番心配だったのが、これまでやっていなかったであろうダンスだけど、これも意外と動きがよかったです。子どもの歌の振り付けという範囲ならばもう十分。

だいすけお兄さんは、先週金曜の登場と比べると、メイクのせいか、ルックスがすっきりしたような気が。経歴からしても即戦力として期待されているわけですが、その役割は初日としては十分果たしてたように感じます。歌は、ん、こんなもんかな? と思うところもあるけれど、少なくとも聞いて不安になるような歌じゃないですね。動きは、まあ四季ですので、このくらいの動きはちょろいちょろい。ちょっと気になるのはやはりしゃべりで、舞台的なしゃべり方というか、ややゆっくりで一音一音をはっきり発声する芝居がかったしゃべり方なので、テレビで聞くとちょっと不自然。もう少しテレビっぽいしゃべり方になると、聞きやすくなるかなー。これは慣れのような気がします。


もう一つの注目が、初めての今月の歌。

「はじめて はじめまして」。福田先生の曲でした。先代の後半、福田先生の月歌が少なく、あっても比較的単純な童謡風の歌だったので、なんだか新鮮でした。素直ないい曲だと思いました。逆に言うと、福田先生、今回の兄姉はこのレベルの歌は歌いこなせる、と判断してこの曲を作ったのかな、という気もするのでした。


ところで、「パンツぱんくろう」がなかった。おしまい? それとも曜日によってあり? 今後に注意。


【追記】(2008.3.31)

ぱんくろう、最後のテロップ(コーナー名や出演者名、スタッフが出る)に出ていた。曜日替わりコーナーに登場しそうな予感。

トラックバック - http://etv.g.hatena.ne.jp/azumy/20080331